あたしが常に実践しているスキンケアの秘訣について

 僕が常に実践しているスキンケアの技法にあたって、きわめて簡単な、というか極普通の技法ですが、紹介します。
 それでは、朝方起きてからとミッドナイトおバスの中でという二ごと、洗顔クリームで面構えをすすぎます。鋭敏スキンなので、扱うのは多分ビオレだ。小さなリフレッシュに、無香りのものではなく、ピーチなどの感じのものによっている。
 洗顔クリームは思い切り泡立てて、面構え合計に附けるように行う。そしたら、洗面器に貯めた水で面構えを流します。お湯の方が泡立ちがよいので、こういうときはお湯を使います。
 そうしたら、手拭いで面構えを拭いて、おバスならおバスから出てから、メークアップ水という乳液をつけます。メークアップ水はコットンにかける種類のものによっている。乳液は手の平に丸ごと現す種類だ。お金がないので、きっと両人ってもちふれのものによっている。残念ながら構図が入れ替えられる種類のものではありません。乳液まで擦り込み終わると、仕方をきれいに洗っておわりだ。
 そうしたら、洗濯物を干し終えた状況、時に仕方がざらざらした触感がすることがあります。このときは放っておくとずっとざらついた趣向が貫くように、アッという間にニベアを擦り込むようにしています。特別な種類のものではない、極普通のニベアだ。
 あとは、冬になってスキンが乾燥してきたら、また別途クリームを買って使いますが、それはその時々で使いたくなったものをLOFTなどで買って使っています。
 以上、私のスキンケア技法でした。二度手間を避けるためにも引越し前にリストを作っておくといい。